1年前***




   1年前の今日 6月29日。
   私たち夫婦は、一筋の光を求めて名古屋に向かいました。

   それは息子の不登校にピリオドを打つために・・・。


   +++++++++++++++++++++


   約1年半前、息子は学校に行かなくなりました。
   何がどうしたのか、何をどうしていいのか・・・
   
   先の見えないトンネルの中に入ってしまいました。
   でも、振り返れば入り口の明かりが見えるのです。

   けれども戻れない・・・
   先に進むしかないトンネルは真っ暗で、進む事も出来ないほど。
   
   しばらく立ち止まったまま、なんのてだてもないまま
   日に日に荒れていく長男を見て「このままではいけない・・・」

   そう思い、数ヶ月ぶりにパソコンの前に座り
   「小学生不登校」を、キーワードに検索を始めました。

   そうして何日も何日も調べた結果、「復学支援」というものを知りました。

   長男にはコレしかない!と思い、
   復学支援の機関について、調べ始めやっとの思いでたどり着く事ができました。

   それが、今お世話になっている"エンカレジ"です。


   ++++++++++++++++++++++


   その日の名古屋はとても暑かった事を覚えています。
   
   
   わたしたち夫婦はすでに支援を依頼する気持ちで
   上野先生のカウンセリングを受けました。

   その時の話の内容ははっきりと覚えていません^^;
   が、一筋の光が見えたことは言うまでもありません。


   あれから1年。
   今現在も支援中ですが、真っ暗なトンネルからは抜け出す事ができました。
   
   長男もいろいろやらかしてくれますが、がんばってます。
   私たち家族に、笑顔が戻りました^^


   6月29日。
   大きな一歩を踏み出したとき。



  
[PR]

by ciquciqu | 2010-06-29 08:27 | わたくしごと | Comments(4)

Commented by ティカ at 2010-07-10 22:34 x
私も名古屋へ行った日のことはずっと忘れないと思う。
あの日があって今がある。それは間違いないもの。
いままでいろいろあったけれど、不登校で息子が家にいる光景ほど悲しい光景はなかったかな。あの時の辛かったことを思えば、これからなんだって乗り越えていけそうな気がするもの。
上野先生に足を向けて寝れないね。

Commented by ゆうま at 2010-07-12 00:40 x
こんばんは。
私ははじめのカウンセリングには、主人一人でいってもらいましたが、その日息子と、なにしていても気になってたのは、いまでもよくおぼえてます。家にはいれず息子とあちこちいきながら、息子は楽しかった?とか
でも本心はわかりませんただ 上野先生に正式に支援お願いします!と言ったときのことは、いまでもはっきりおぼえてます。あれがはじめの一歩でした。

いろいろありますよね。うちもです。お互い頑張っていこうね
Commented by ciquciqu at 2010-07-12 07:58
ティカさん♪

そうね^^
足を向けて寝れないね・・・。

まだまだ色々あるだろうけれど(確実に色々あるんだけど^^;)
乗り越えてきたんだから!そして支えてくださる先生はじめ
周りのお友だちがいるんだから、大丈夫!!

そう言い聞かせてがんばってます。
我が家もティカさんに続いて"卒業"めざしてがんばってま~す^^v
Commented by ciquciqu at 2010-07-12 08:09
ゆうまさん♪

そうだったんですか~、ご主人お一人でのカウンセリング・・・。
ご主人もドキドキだったでしょうね。
うちは2人で行ったにも関わらず、2人してキンチョー^^;
なので、当日のことはあまり覚えていなくて・・・
(お昼に食べた、ひつまぶしがおいしかった事はおぼえてるんですが・・・^^;)

帰りの新幹線の中で「何かが変わっていく。」
そう漠然と思いました。
現実に子どもは大きく変わり、今朝も元気に登校して行きました^^

一歩を踏み出せたおかげで、今日があるんですね。
幸せな事です。

>>いろいろありますよね。うちもです。お互い頑張っていこうね

うん!がんばります!!

<< 終業式*** 家庭教育学級*** >>